花の歳時記

霊園, 公園墓地を彩る季節の花々、その一部のご紹介です。公園墓地内の花の地図はこちらです。

img_sh
 
 

エレガンティシマ / Elegantissima

当パークの外周部の垣根として植えています。ヒバ(檜葉)の仲間になり、春は黄金色、夏は黄緑色と季節によって表情を変えます。

園芸ではコニファー, Conier の一種として呼ばれることがありますが、コニファーとは針葉常緑樹の総称です。

img_fl_elegantesima

春: ヒラドツヅジ / 平戸躑躅

霊園のエントランス周辺で、毎年4~5月頃に大きな花を咲かせます。

ヒラドツツジはツツジの一種で、ケラマツツジ、日本産のモチツツジ、キシツツジなどが自然に交配し、そこから選別されたものとされています。

古くから長崎の平戸で栽培されてきたことに名前が由来します。18世紀の「和漢三才図会」にはすでに「ヒラドツツジ」の名で紹介されていました。

img_fl_hiradotsutsuji

春: ヒメユズリハ / 姫譲葉

常緑の高い木で、霊園の外周で要所要所、5月頃に花を咲かせます。11月頃には黒紫色の小さな実がなります。

※この写真は BotanicalGarden 青木氏よりご提供頂きました。

img_fl_himeyuzuriha

春: コブシ / 辛夷, 田打ち桜

駐車場に植えられています。木蓮(モクレン)の仲間で、早春に他の木々に先駆けて白い花を梢いっぱいに咲かせます。

秋には赤ちゃんの握り拳(コブシ)のような、ピンク色の実をつけ、これが名前の由来になっているようです。

※この写真は BotanicalGarden 青木氏よりご提供頂きました。

img_fl_kobushi

春: ヤマモモ / 山桃

当霊園のエントランスの管理棟の横に植えられています。

山に生えて、モモの様な果実をつけることからヤマモモと言いますが、実は桃とは違う種類です。古代から和歌などにも詠まれる馴染み深い樹木です。

3月〜4月頃、小さく赤い花を数珠つなぎのように咲かせます。6月頃、写真のような赤い実をつけます。

img_fl_yamamomo

初夏: モッコウバラ / 木香茨

当霊園のバラのアーチに絡ませています。赤いバラと白いバラでアーチを飾ります。

黄モッコウは、秋篠宮家第一女子・眞子内親王のお印であります。

モッコウバラは沢山の花をつけるため、大きなモッコウバラの開花時は圧巻になります。開花期は初夏です。まだ細いですが、大きく育つことをご期待頂ければ幸いです。

img_fl_mokkobara

初夏: つるバラ / 蔓茨とバラのトンネル

白いモッコウバラに対して、赤いつるバラです。赤と白のバラが初夏に花をつけ、大きなアーチを作ります。

つるバラが成長するとアーチの上部まで延びて、やがてはバラのトンネルが出来る予定です。成長を楽しみにして頂けましたら幸いです。随分と育ってきました。当公園墓地のシンボルになることを願っています。

img_fl_tsurubara

秋: シラカシ / 白橿

山間部に生える常緑の木で、いわゆる「ドングリの木」です。やがて秋,10月頃にはドングリがたくさんなるでしょう。お子様やお孫さんと、お参りがてらドングリ拾いも懐かしくございます。

材が白いために白樫なのですが、樹皮が黒いため黒樫とも呼ばれたりします。

※この写真は BotanicalGarden 青木氏よりご提供頂きました。

img_fl_shirakashi
 

霊園の花と緑

  • flow0
  • flow1
  • flow2
  • flow3
  • flow4
  • flow5
 
9:30〜17:00 水曜定休
0594-33-2100
メールでのお問合せ
#mail_memorial
 

仏壇・仏具 ぬし与

  • 江戸文化年間より二百有余年
  • 共に過ごす様々な時間を
    All Right Reserved 2011
  • 本店 三重県桑名市中央町 4-8
    代表 0594-22-1786 (9:30〜19:00)